顔を2つ

紙版画で顔を2つ作り、「顔を2つ」とタイトルを付けた。複製の楽しさと難しさが痛感できた紙版画。紙が版となり、紙にインキを染み込ませ、刷り上げることで絵が出来上がる。紙をベースに組み立てる版は数度の刷り工程で形が崩れてしまう場合もある。紙の脆さゆえに版がやぶれたり、ちぎれるなどして、1点ものになる場合すらある。また製版と呼ぶべきか構図を決めて筆を置く作業。そう呼ぶべきか、糊で版と台紙となる紙を接着させる工程が職人作業のようである。毎度かすれ具合が異なるいわゆる手仕事らしい仕上がりとは異なり、想像通りの仕上がりを目指すには相当の訓練を要する。一連の作業は幾度となく繰り返す必要がある技法だ。